ども、とうまです!

僕は1年前に脱サラをしましたが
その1年間で気づいたこととして
「自ら計画を立てながら、自ら考えて行動する」事のできない人は
脱サラしてもうまくいかないんだと実感しました!!

自ら計画を立てながら、自ら考えて行動する

皆さんは「自ら計画を立てながら、自ら考えて行動する」ことはできていますか?

突然ですが、霊っていると思いますか??

死んだら人間はどうなるのか??
って誰しもが考えることがあると思います。

実際、僕も子供のときは
よくこういうことを考えていたなあと思い返していました。

そういう事って、
ひと括りにすると「宗教」っぽいカテゴリーに分類されると思うのですが、
教育・学問と結び付けてみると、
宗教とか哲学とかは、
学問の最終ゴール地のような気がします。

たとえば、小学生で習う国語・算数・社会・理科が登山口(学問のスタート)だとしたら、
中学・高校・大学といろいろなルートを通りながらも、
最後はこの宗教とか哲学に繋がるように思っているからです。

お医者さんは、生物とか化学という理科系の専門家ではありますが、
人の生と死に常に向き合っているという面では、
やはり宗教や哲学についてつながっていると思えますし、
仏教のお釈迦様が語ったことを、
数学者が数式で記述したり、
物理学者が量子論をもとに説明したりしますよね。

こういう風に考えていくと、
教科の垣根は本当に何もないことになります。

 

どれだけ深く追求できるか?

冒頭で申し上げた「霊」っているのか?という議論になりますが、
何が言いたいかというと、
霊がいるかいないかを決めることが大切なのではなく、

大切なのは

「自ら計画を立てながら、自ら考えて、どれだけそれにおいて行動ができるか?」

だと思っています。

脱サラや起業と程遠い考えだと思うかもしれないですが
この考えは何においても大切な考えです!

どれだけ追求できるか!?

ですね!!!

日本の村社会文化がそうさせている?

日本人はけっこう、
オカルトとか宗教・哲学・教育・政治経済などの話をするのを嫌う人が多いのですが、
学問の立場からすれば
これらの分野ほどみんなが真剣に考え・話し合うテーマはないと思っています。

もしかしたら、この手の話を嫌う人が多いのは、
みんなの調和を取ろうとする日本の村社会文化が
いまだに続いているからかもしれませんね。

例えると
学問は登山に本当に似ていて、
登っている途中は苦しいし、大変だし、キツイですが、
ある程度の高さまでいくと、

とても気持ちがいい!!
楽しいものです!!

楽しいのみ多くの人は

しんどそう
だるい
ツラそう

っていう山登りに固定観念があります!

そういった意味では
固定観念を超えて楽しさを実感できた時などは、
本当にすばらしいですね!

見る世界も変わります!

何事もそうですが
どれだけ登り切るか?
どれだけ極めるか?で

見る景色は断然変わります!!!

今回は霊の議論や登山を例に出しましたが

脱サラ・起業でも同じです!

どれだけ自分が今やっていることを極めるか?登り切るか?です!!!

まず、できていない人はやってみてください!

「自ら計画を立てながら、自ら考えて、どれだけそれにおいて行動ができるか?」
>投資副業(0→1スキル)から脱サラ(1→100スキル)は任せてください!

投資副業(0→1スキル)から脱サラ(1→100スキル)は任せてください!

副業投資で「お金稼ぎ」を0から1にしたい人の的確なお金稼ぎの方法を伝えて、 身の丈にあった方法へと導いていく副業投資のライフスタイルコンサルタント

CTR IMG