どうも、とうまです!

脱サラしたいと考えても、
何からすればいいのかわからない方が多いでしょう。

サラリーマン時代の業種で開業するのであれば、そんなに問題はないかもしれません。

しかし、異業種へ参入する方は経験や知識がないことで、
不安にある方も多いのではないでしょうか。

そうすると、知識や経験がないので何からすればいいのかという問題にぶつかるでしょう。

今回の内容では、脱サラを考えている方が、
脱サラ後に安心して起業することができるための方法について書いています。
ぜひ参考にしてください。

脱サラのメリット

 

脱サラ後のメリットは、収入面ではないでしょうか。

サラリーマンをやっていると、収入の上限は限られてきます。

しかし脱サラをすれば、自分のがんばりや努力次第で収入に大きく反映されるでしょう。

また、時間の融通もきくようになるでしょう。

自分の仕事がしたいときに、仕事をするということが可能になります。

ですが、業種によってはこれがあてはまらないことがあるので注意してください。

脱サラのデメリット・注意点

 

脱サラ後の注意点としては、収入は自分のがんばりや努力次第で収入に大きく反映されますが、
サラリーマンのように決まった金額が安定して得られるわけではありません。

したがって、収入が増えるか減るかは自分の責任になるので、大変なことはお分かりいただけるのではないでしょうか。

このように、脱サラすることで
このようなメリットとデメリットが発生します。

脱サラを考えたときにはいま一度考えるようにしてください。

 

安易な気持ちはNG!脱サラの失敗パターンと対策

 

脱サラで失敗するパターンで多いのは、計画性がまったくないパターンです。

脱サラしたいと考えていきなりはじめる方もいます。

このやり方は失敗する可能性があります。

事業をはじめるときは必ず事業計画を綿密に練ってからはじめるようにしましょう。

 

脱サラしたあとに、失敗した人で共通しているパターンがあります。

それは、起業資金を融資してもらうときに、融資額が少なく起業後に売上があがらず、数カ月後までのランニングコストをカバーできずに失敗するというパターンです。

また、自分のやりたいことを貫きすぎることで、お客様に対するサービスが低下してしまうこともあります。

そうなれば、集客もできなくなってしまうでしょう。

また、異業種からの参入は知識や経験がないため、イメージだけで経営してしまうこともあるので注意が必要です。

起業をするときに、自分のイメージだけでこの業種なら簡単に経営できるだろうと、
参入する業種の選択を安易に決めてしまう人もいます。

安易に決めたことで、起業後にイメージと違ったことに気づいてもどうすることもできません。

このような失敗をしないためにも、

起業するときはじっくりと業種を決めて、計画を立て将来的に失敗のリスクを下げるようにしましょう。

綿密な計画をおこなうことで、起業後のリスクを回避しやすくなるでしょう。
綿密な計画では、職種選択を間違わないようにすること、起業時にかかる費用の算出顧客サービスなど考えることは山積みです。

しかし、ここに時間をかけずに起業してしまうと、成功率は下がり失敗してしまうでしょう。

まとめ

脱サラをしたいという考えから安易にサラリーマンを退職して起業したものの
失敗、ということにならないように、
ここまで説明してきた内容を参考にして脱サラ後の仕事の選択してください。

起業するということは、とても大きな決断です。

脱サラするときは、家族ともしっかり話し合って理解をしてもらうことも重要になります。

>投資副業(0→1スキル)から脱サラ(1→100スキル)は任せてください!

投資副業(0→1スキル)から脱サラ(1→100スキル)は任せてください!

副業投資で「お金稼ぎ」を0から1にしたい人の的確なお金稼ぎの方法を伝えて、 身の丈にあった方法へと導いていく副業投資のライフスタイルコンサルタント

CTR IMG