どうも、三上とうまです!

独立起業ってどんなイメージを持ってますか?

独立起業をすると、「上司から命令される事こともなく、自由で良さそうだよな……」
あなたは、そうに感じたことはありませんか?

独立起業には、たくさんのメリットがあると感じています。
当然、デメリットもあります。

今回は、その辺についてお伝え致します!

ぜひ、独立起業するかどうかや、そのタイミングなど、じっくり考えてみて下さいね。

独立起業のメリット

 

独立起業は、サラリーマンと異なり、自分が頑張れば頑張っただけ報酬が増えます。
やりがいを感じる事ができるでしょう。

多分、これを読んでいるということはみなさんも夢を叶えるために独立したいのですよね?

・頑張るたびに夢に近づいていく感覚があるので、自然と頑張る事ができます。
・自分を縛る上司はいません。
・自分自身が好きに自由に働くことができます。
・朝起きる時間は自由。
・寝る時間も自由。
・仕事がやりたい気分なら、一日中働くことも自由。
・「今日はやる気がおきないや……」という時も自由に休めます。
・十分に自由を満喫する事ができるのです。
・全てに対して自己責任となるため、色々な面で確実に成長するでしょう。

自分自身が、「成長が好き」とか、「自分を磨きたい」のであれば、独立起業が向いていると言えます。

時には、自分の実力のなさを痛感する事もあるかもしれません。
過去に僕が経験したような「全然思ったように売れない……」という悩みです。
それでメゲずに成長しようと頑張れるのであれば、独立起業にむいています。

独立起業のデメリット

 

次に、独立起業のデメリットです。

最初に書いたとおり、独立起業は良い点ばかりではありません。
しっかりと悪い点にも目を向けましょう。

独立起業すると、ふりかかる全ての問題を、自分で解決しなければいけません。
例えば、「協力会社が、約束どおりに納品してくれない」など、

自分が悪くないのにトラブルがおきる事があります。
そのような場合でも、言い訳をしていられません。
言い訳している間にお客様を逃したり、最悪の場合は会社がつぶれてしまうかもしれないからです。

「他人の失敗を、かけずりまわって自分でカバーした」といった経験は、起業家には必ずあるものです。
「独立起業にトラブルはつきもの」と肝に命じておきましょう。
「独立したので、自由に休める!」そう思って独立起業したはずなのに、会社員の時より忙しくなった、このようは話は後をたちません。

残念ながら、独立起業すると会社員時代よりも忙しくなるのが普通なのです。

たいていの場合、事業が軌道に乗るまでのおよそ3年間ほど、ブラック企業なみに忙しくなります。

商品やサービスの販売はもちろん、日々の売上管理、運転資金の調達、商品開発から在庫の管理など、たくさんの雑務を自分たちでやる必要があります。

僕自身、独立起業の準備をし始めてから、とにかく時間が足りなくなりました。

僕の場合は自分のタスクだけではなくってサポートや相談、営業などもやっています。

この話を聞くと、「すこしキツイなぁ」と感じるかもしれません。
しかし、実は、これは僕にとってキツイことではありませんでした。

精神的に萎えることもありますがそれよりも、夢を叶えるために、それに向かって自然と頑張れたというのが正しいです。

あなたも、決して無理にモチベーションを上げたり、睡眠時間を減らそうとはしないで下さいね。
あくまで「自然と頑張れる」とか、「自分の夢を叶えたい」という状態を目指して下さい。

 

それを達成したら何が待っているか?

ということを思い浮かべるんです。

 

ほとんどの独立起業は、信用のない状態からのスタートです。
信用がないため、ローンが組めなかったり、クレジットカードが作れなかったり。

ですので、お金が必要な場合は、独立起業前にしっかりと準備しておきましょう。
また、なかなか収入も安定しません。
ぜひ、日々の仕事をこなしながら、集客から販売、さらに定期的なリピート販売までを、少しずつ仕組み化していきましょう。
ベルトコンベアのように、自動的に売れていく感覚になればOKです。

独立起業が向いている人、向いていない人

 

次に独立起業が向いている人、向いていない人についてです。
ここまでの話で、なんとなく「こういった人が独立起業に向いているのかな?」と感じていらっしゃるかもしれません。
ここではもう少し整理してお伝えしていきますね。
ぜひ、自分と照らしあわせて考えてみて下さい。
独立起業では、必ず壁にぶつかります。

その壁を自分の成長の機会ととらえる。
楽しみながら、その壁を乗り越える。それができる人は独立起業に向いていると言えるでしょう。

安易に儲かりそうだとか、甘い気持ちで独立起業してもほぼうまく行きません。

物やサービスを売るのは好きですか?
好きなら独立起業に向いています。もし苦手なら独立起業前にしっかり勉強して下さい。
言うまでもありませんが、売ってこそ独立起業がなりたちます。
あなたがどうしてもマーケティングやセールスが苦手なら、そういったことが得意な人と組んで独立起業することを考えて下さいね。

独立起業はあくまで、あなたの夢を実現するための「手段」に過ぎません。
そのため、夢をはっきり口に出して言える人の方が、より向いていると言えるでしょう。

まずは何のために独立起業するのか、その目的をはっきりさせましょう。

起業家とは、人生のミッションを持っている人に近いのかもしれませんね

あなたは小さな失敗を恐れずに行動できますか?
なかなか独立起業できないタイプに、いつまでたっても「独立起業の準備中です」と言う人がいます。
これは、失敗を恐れて一歩を踏み出す事ができないためです。

もちろん、取り返しのつかないような大きな失敗をしてはいけません。
そういった意味では慎重さも必要です。
ただ世の中を見渡すと、必要以上に慎重で、小さな失敗ができない人が多いと感じます。
こういう人は、独立起業が向いていません。

また、同じく、なかなか独立起業ができないタイプには「何か良い方法があるはずだ」と、つねに方法探しをする人があげられます。
また、「もっと自分に向いている仕事があるはずだ」と、自分探しをしている人も多いようです。

世の中には、「行動してみて、初めてわかること」は、意外と多いですよね。
ぜひ、必要以上に失敗を恐れず、小さな一歩から踏み出して下さいね。

うまくいかない経験は、あなたを成長させる素晴らしいスパイスになるのですから。

>投資副業(0→1スキル)から脱サラ(1→100スキル)は任せてください!

投資副業(0→1スキル)から脱サラ(1→100スキル)は任せてください!

副業投資で「お金稼ぎ」を0から1にしたい人の的確なお金稼ぎの方法を伝えて、 身の丈にあった方法へと導いていく副業投資のライフスタイルコンサルタント

CTR IMG